外資系企業に転職したい方におすすめの資格とは何か

英検やTOEICが大切です。

外資系企業に転職するのであれば、1番力になるのが英検や国連英検などの英語に関する資格を取得しているとかなり有利になります。外資系企業の場合、幹部クラスの上司はネイティヴの人である可能性が高いです。そのような幹部と話をする際には英語力が必要になります。国内の資格だと英検で、それ以外だとTOEICを受験する必要があります。ネイティヴの人と問題なく話が出来るようになるには、英検だと一級でTOEICだと900点以上が必要だと言われています。それだけでなく、ネイティヴの上司ときちんと話が出来るためにはちゃんと話が出来るようなリスニングの力も必要になります。英語力に関してはこのような資格が必要になります。

国際秘書検定を所持していたら有利です。

国際秘書検定という民間の資格があります。会社に就職するのであれば、スケジュール管理などを行う秘書検定を所持していたら就職する際にかなり有利になりますが、外資系企業だと不十分と言われています。その理由ですが通常の秘書検定だと英語のスキルや応対力に関する試験は実施しないからです。国際秘書検定だと通常の秘書検定の内容だけなく、英語のスキルや英語圏の人に対する対応力の検査も行います。こちらの資格を取得しているという事は、英語力やネイティヴの人に対する対応力が優れていると証明されているのと同じです。秘書以外の採用でも英語力の証明になるので、こちらの資格は外資系企業に就職する際には非常に役に立つ資格です。

© Copyright Foreign Ownership. All Rights Reserved.