こうすれば採用される!外資系企業に転職するコツ

しっかりとした職務経歴書が書けるようになっておくこと

外資系企業への転職は非常にハードルの高い行為だと言えます。しかしその分、採用を勝ち取ることができれば明るい未来が待っているので、挑戦をする人が多いです。外資系企業への転職を成功させるコツはいくつかあります。まず一番大きなものは何かと言えば、それは結果を残すことでしょう。その業界で結果を残してきたなら、それだけでもかなりの武器になるはずです。英語が得意ではなくても、何かしら秀でた技能があるなら外資系企業には採用されます。ですから、まずは今の仕事を頑張って自慢できるほどの実績を残すことが大事です。素晴らしい職務経歴書が作れるようになってから転職活動を開始すると、上手くいく可能性はぐっと高くなります。

日系企業よりも個性や積極性が重視される

日系企業では、相手に合わせられる人が強く求められる傾向にあります。あまり主張をせずに、周りに合わせて動ける人ほど、チームワーク能力に長けていると言われるのです。その方が組織の一員としては使いやすいという側面もあるのでしょう。しかし、外資系企業では、そうした人は不採用になるケースが多いです。他人と違う意見を言えるか、ということを重要視しているからですね。たとえば会議のシーンでも、誰も提案しなかった新しいアイデアを出せる人などが重宝されます。個性や積極性が、日系企業に比べて数倍求められると考えればいいでしょう。他人に合わせ過ぎていると、それだけでつまらなくて価値のない人間だと思われてしまいます。少しやり過ぎなぐらい自己主張をするとちょうどいいかもしれません。

外資系企業や担当が外国の方である場合、英語で履歴書を作成する必要があります。市販の履歴書に英語で書き込む他、文書作成ソフトで作成することが可能です。

© Copyright Foreign Ownership. All Rights Reserved.