納得できる外資系企業の選び方

利益が出ている企業を選ぼう!

外資系企業というと何処も利益を出している企業のように思いますが、実は利益が出ておらず、撤退を検討している企業もあります。せっかく外資系企業に入社したのに直ぐに撤退となってしまったら入社した意味が無くなってしまいます。その企業が利益を出し儲かっているのかをリサーチしてから決めましょう。
しかし、外資系企業の日本支社がいくら利益を出していたとはいえ、本社の経営状態が不安定な状態になった場合や日本支社の撤退を命じられれば、日本支社の撤退を余儀なくされてしまうことは避けられません。本社の意向までは調べることは出来ません。自分の職の保証として、自分自身のキャリアを高めておいたり、人材紹介会社の人と仲良くなっておくことが大切ですよ。

自分のやりたい仕事ができる企業へ

多くの外資系企業の中から選ぶ前に、自分が本当にしたい仕事はどんな仕事なのかを明確にしましょう。外資系企業への入社のための面接ももちろんありますが、どこでもいいから外資系企業に就職したいという意向が面接官に伝わってしまったら採用される可能性は限りなく低いのです。本当に自分がやりたい仕事だからこそ、その熱意が相手方に伝わり、入社へと結びつきます。そして、企業側は、未経験者を扱うよりもある程度キャリアのある人材を欲しがります。もし自分のやりたい仕事の企業があれば、迷わず入社してみるのも手です。入社し自分のキャリアを積むことで、本当にしたい仕事ができ、整った優遇が受けられる企業から欲しがられる人材になることが出来るでしょう。

外資系の求人は大手転職サイトなどに掲載されていたり、自社のホームページ上で求人を募集していたりしますので、そういった観点から求人を探すと良いでしょう。

© Copyright Foreign Ownership. All Rights Reserved.